太らない体質の作り方(食事編)

食べても太らない体質を手に入れるのは、ダイエッターにとって夢のようなこと!? でも、太りにくい体質を手に入れる生活習慣には、ちょっとしたコツがあるのです。

サイトトップ > 太らない体質のための朝食の摂りかた

スポンサードリンク

太らない体質の作り方(食事編)

太らない体質のための朝食の摂りかた


朝は時間がとれない、昼は忙しいので手軽に済ませたい、夜はお付き合いが……と、ダイエットが難しい環境にいる社会人は少なくはないでしょう。ですが、本当に今の生活を何も変えることができないのか、見直してみてはいかがでしょうか。


太らない体質を手に入れたいと思うのなら、何かひとつでも改善していく必要もありますよね。忙しい中であっても、運動する時間をあらかじめ確保したり、朝食を自宅で食べるようにしたり、週に○回は自宅で夕食を食べよう……、など何かしら決め事を作ることはできるもの。いくつかコツを紹介するので、是非、何かできることはないかを考えてみてくださいね。


朝の食事は体温を上げるために効果的です。体温を上げるとエネルギー消費量は増えます。朝食を抜くと代謝を鈍らせるといわれているので、是非何か口にしてください。


カロリーの目安は、一日の約30%。1日の摂取カロリー1800kcalを目指している場合は、朝食は540kcalほどが良いでしょう。とはいえ、カロリー数字だけで食事の質を考慮しない食事は、長い目で見るとNGです。


例えば、朝からスイーツや菓子パンを食べる習慣などは、栄養バランスがとり難い内容だと考えられます。おすすめは、朝食にかける時間が限られているなら→温かいカフェオレなどの飲み物、インスタントの温かいスープ。多少なりとも時間があるなら→トーストなどエネルギー源になる炭水化物、乳製品などタンパク質、果物などビタミン・ミネラルの組み合わせです。


太らない体質の作り方(食事編)

MENU



スポンサードリンク