太らない体質の作り方(食事編)

食べても太らない体質を手に入れるのは、ダイエッターにとって夢のようなこと!? でも、太りにくい体質を手に入れる生活習慣には、ちょっとしたコツがあるのです。

サイトトップ > 太らない体質をつくる食事テクニック

スポンサードリンク

太らない体質の作り方(食事編)

太らない体質をつくる食事テクニック


基本的には、食事の内容とともに、ある程度の運動を合わせることが太らない体質づくりに欠かせません。食べる→消費する、というサイクルを定期的に作ることで、体がきちんとエネルギーを消費する習慣を覚えてくれます。


その前提のもとに、太らないための食事の基本をご紹介します。まずは、「規則正しい生活を心がける」。特に大切なのが睡眠時間と食事時間。体内時計を一定にするためにも、食事は規則正しい時間に摂ることを心がけるようにしましょう。体温をきちんと上げるために重要です。


次に「食事の量と時間を一定にする」。暴飲暴食の後ぱったりと断食、といったサイクルを常日頃から繰り返していると、カラダに大きな負担がかかります。その上、飢餓状態を繰り返し作ることは、体脂肪合成を促すこととなり、結果的に太りやすい体質につながる原因にもなります。


更に「魔法の食べ物は存在しない、いろいろなものを食べる方がダイエットには良い」。ダイエットや健康のためにこれさえ食べておけばOK、という食品は残念ながらありません。


食べ物はどれもメリットデメリットを持ち合わせています。様々な栄養素をまんべんなく摂るために、いつも同じものを食べないように心がけると良いでしょう。


最後は「アルコールは控えめに」。お酒は楽しいものですが、健康やダイエットのためには控えめが理想。酔って食べ過ぎるという理由もありますし、お酒はカロリーはあっても栄養素をほとんど含まない食品なので「ダイエット中には不要」とも言えるからです。飲みに行く回数が多いという人は、頻度を調整するようにしましょう。


太らない体質の作り方(食事編)

MENU



スポンサードリンク